無線機の活用法とは?

無線機の活用法とは?

無線機の活用法とは? インカムやトランシーバーなど、無線機はいろいろな種類が存在しています。それらの使用方法としては、電話オペレーターや警備スタッフ、コンサートスタッフなどが利用しているイメージが強いですが、他にも無線機はさまざまなところで活用されている便利なアイテムでもあります。

そこでおもな無線機の使用場面としては、やはりタクシーで運転手同士の情報連携ツールとして活躍していることは有名ですし、バイクでの走行中にも便利なアイテムとしてひそかに人気が高まっています。また美術館や工場見学などでも、よくガイドとしてお客様に提供されているケースもありますし、他にもプールや花火大会、イベント会場などでもよく利用しているスタッフの姿を見かけることがあります。

あとは一般的にはあまりメジャーではないものの、ビルメンテナンスなどでIP無線機が利用されていたり、一部のカラオケ店やネットカフェ、飲食店などでも店員同士のコミュニケーションツールとして利用されている場合もありますし、倉庫管理業務や港湾業務、製造工場なども活動範囲が広いため、作業員やスタッフ同士の連絡に使用されているケースもあります。

無線機は業務にもツーリングにも防災にも使えます

無線機は業務にもツーリングにも防災にも使えます 皆さんは離れた所にいる誰かと話しをする時に何を使いますか。おそらく携帯電話やスマートフォン、または固定電話を使うという人がほとんどでしょう。かなりの山深い所など、人の住まない地域でなければ通じますし便利です。ところで遠くにいる相手と会話をするのは電話以外にもあります。それは無線機(トランシーバー)です。無線と言えばアマチュア無線などがありますが、これをするには免許が必要と聞いたことがあるかもしれません。

ですが、出力の小さい無線機の場合はそれが不要です。誰でも手軽に利用することが出来ます。なので例えば、工事現場で作業の指令を遠くにいる作業員へ伝えたい時、スマートフォンも使えますが、発信すればすぐに受信側で音声が聞こえる無線機の方がいち早く伝えることが出来ます。そういった業務だけでなく、ツーリングといったレジャーでも使えます。例えばヘルメットに取り付けられるバイク用のものもあるのです。それに防災でも活用が出来ます。災害現場では必ずしも静かな場所ばかりではありません。周りが騒々しくなれば大声を出しても聞こえないこともあります。そのためそういった現場でも無線機が役立ちます。

新着情報

◎2024/4/1

情報を追加しました。
>無線機を活用する際のモールス信号の基本的知識と役立つ活用術
>無線機と受信機の基礎知識から応用までを網羅するお役立ちガイド
>無線機と基地局の構築に役立つ情報を網羅!
>初心者必見!無線機の選び方と電波の基礎知識をわかりやすく紹介
>無線機を活用した交信のコツと快適な通信を実現するためのお役立ち情報

◎2023/6/1

情報を追加しました。


>無線機の無線通信はスマートフォンが出ても役に立つ理由
>無線機はセキュアな通話モードが必須の時代に
>無線機を買う前に通信エリアを確認しておきたい理由
>無線機の使用可能な範囲はどれぐらいなのか
>無線機イベントでコミュニケーションの力を体感しよう

◎2022/8/1

情報を追加しました。

> 色んな価格で販売されている無線機を慎重に選択
> 無線機はオンラインで比較して購入できる時代
> 無線機を利用するなら使用上重要な法律を確認しよう
> 無線機の人気商品を知りたいならネットショップ
> 軽量化が進みより使いやすくなった最新の無線機

◎2019/9/17

無線機に関する法律
の情報を更新しました。

◎2019/7/10

無線機で使用できるイヤホン
の情報を更新しました。

◎2019/5/16

無線機に許可は必要?
の情報を更新しました。

◎2019/2/15

無線機の種類
の情報を更新しました。

◎2018/12/19

無線機の活用法とは?
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「無線機 業務」
に関連するツイート
Twitter

返信先:今やアマチュアは二次業務になってますからね。 もしそこを取り上げるんだったら220MHzのあたりとか440〜450MHzをくれるとかして欲しいなぁ。 440〜450に出られる無線機にはID送出機能を義務付けして、違法局を排除してくれれば最高です。

返信先:一番気軽に購入出来る無線機ですもんね♪ 相手を探す難しさは有れど、混信や業務被りもDCRよりは少ないしアナログならではのワクワク感も💛 🔰な方が毎日昼時と夕方に無線機から声がする!的な感じになれば昇天ですな!!(n*´ω`*n)

返信先:他3むしろ、そのようにするのなら .7メーターバンドのアマチュア周波数 を新しく作って(450.0000~459.9990)そこを「ダントラ専用」にし、そこだけ使える無線機を作り特例でアマチュア営利業務用にするとか。そういうんでないと

【コンデンサ#22】バリアブル(可変容量)コンデンサ=バリコンは、ラジオの選局用に欠かせませんでしたが、今はデジタル化・電子化であまり見かけなくなりました。業務用の無線機や一部の計測器では、周波数調整用や波形・周波数応答調整に生き残っています。

返信先:普通のご家庭の定義もなかなか怪しいところはありますが(こちらはすでにY社業務用ルーターやら無線機やらオシロやらがあるので諦めてる)…w