無線機に許可は必要?

無線機に許可は必要?

無線機に許可は必要? 無線機には様々な種類があり、許可や免許が必要なもの、必要ないものがあります。例えばよく目にするタクシー無線は「主任無線従事者」と言う制度がとられています。これは、タクシー会社に第三級陸上特殊無線技士の取得者が存在し監督者として届出していれば、タクシー運転手は個別で免許が不要と言う制度です。この制度は他にアマチュア無線を使用する際は、個人で第四級アマチュア無線技士以上の資格および無線局の届出が必要です。

このように無線機を使用するには、個人なり団体なりの許可や免許が必要となります。無線に関する資格は厳格に明確化されており、使用する周波数帯や出力なども無線資格により分けられています。例えば漁船などに必要な海上特殊無線技士は、アマチュア無線などを取り扱うことができません。もちろん逆も然りです。これは有限な電波資源を周波数帯ごとに使用区分を分け、様々な通信が互いに阻害することのないようにとられた措置です。

免許を準備する時間がない、スポット的な使用目的であれば免許不要で微弱な出力で交信できる、特定小電力無線を使用するしかありません。

無線機を使った通信のメリットやデメリット

無線機を使った通信のメリットやデメリット 無線機を使った通信のメリットやデメリットですが、似たようなものであるスマートホンや携帯電話と比較して考えると分かりやすいでしょう。スマートホンなどの場合、既にほとんどの人が個人的に持っており、手軽に使えるというメリットがある反面、電波の入らない場所では使えないというデメリットがあります。料金のこともデメリットかもしれませんが、今は通話ごとに料金がかかるようなことは少なく定額制プランも多いですからこれはあまり強調するようなことでもないでしょう。
無線機の場合はこの逆になります。つまり、既に持っているという人はそんなにいないでしょうから準備の手間がかかりますが、電波の入らない場所でも問題なく使えます。これは機器自身が電波を発して他の機器と直接やり取りしているからで、基地局を介する必要があるスマートホンとは根本的に異なるところです。ただ、機器によっては電波を使うために免許が必要になる場合もありますし、そもそも電波が互いに届かないような場所ではスマートホン同様に通信することはできません。

新着情報

◎2023/6/1

情報を追加しました。


>無線機の無線通信はスマートフォンが出ても役に立つ理由
>無線機はセキュアな通話モードが必須の時代に
>無線機を買う前に通信エリアを確認しておきたい理由
>無線機の使用可能な範囲はどれぐらいなのか
>無線機イベントでコミュニケーションの力を体感しよう

◎2022/8/1

情報を追加しました。

> 色んな価格で販売されている無線機を慎重に選択
> 無線機はオンラインで比較して購入できる時代
> 無線機を利用するなら使用上重要な法律を確認しよう
> 無線機の人気商品を知りたいならネットショップ
> 軽量化が進みより使いやすくなった最新の無線機

◎2019/9/17

無線機に関する法律
の情報を更新しました。

◎2019/7/10

無線機で使用できるイヤホン
の情報を更新しました。

◎2019/5/16

無線機に許可は必要?
の情報を更新しました。

◎2019/2/15

無線機の種類
の情報を更新しました。

◎2018/12/19

無線機の活用法とは?
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「無線 許可」
に関連するツイート
Twitter

返信先:一応救急車も病院と同じく医療精密機器を満載している為、携帯端末機等による無線発信は、許可が有る場合を除き極力控えたほうがいいとかもっともらしいこと適当に書いてみる。

営業所戻る一時間前(大体五時)は配車絶対とれないけど、それ以外はゴーや手上げと会社無線が被るときあるのに、切り替えする間もないのに、配車センターが乗務員向けに宣戦布告と捉えられる文言を通知してきた。協力してたのに、、、気分悪いからしばらくとらない。あの文言を許可なぜしたのか。。。

ちなみに警察無線で、何か急いで伝えたい時の [ほしゅてつ] は一時的に許可してます。 だって呼びやすいし伝わりやすいじゃん()

返信先:届け出なんで、どこかから許可や認可を貰うたぐいではないんですよね。 ただ、無線技士が使用する無線用電源装置は、例外で電安法に準拠していなくてもokなので、アルインコの電源もPSE表示の無い物があります。

返信先:アマチュア局は、バンドで許可されているし、相手が特定の無線局でもないので、有害な混信の保護の対象では無いと思います。